V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
360
[開催日]
2013/01/26
[会場]
パナソニックアリーナ
[観客数]
1,900
[開始時間]
16:40
[終了時間]
18:36
[試合時間]
1:56
[主審]
冨田 博一
[副審]
石井 洋壮

パナソニックパンサーズ

監督: 南部 正司
コーチ: 真保 綱一郎
通算: 9勝6敗
1 20 第1セット
【24】
25 3
21 第2セット
【24】
25
25 第3セット
【24】
20
30 第4セット
【35】
32
第5セット
【】

【 】内はセット時間

サントリーサンバーズ

監督: パオロ モンタニャーニ
コーチ: 荻野 正二
通算: 13勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 先週から自分達のミスでゲームを崩している。
 各自の役割を再認識させ、もう一度強い団結力を作っていく。

 ホームゲームでのたくさんの応援、誠にありがとうございました。

20 宇佐美
()
白澤
()
山村
()
米山
()
25
福澤
()
ジョンパウロ
()
阿部
(柴小屋)
栗山
()
枩田
()
清水
()
越川
()
鈴木
()
永野 リベロ 高橋
21 白澤
(山本(隆))
ジョンパウロ
(川村)
栗山
()
鈴木
(塩田)
25
宇佐美
()
清水
()
米山
(金子)
越川
()
福澤
()
枩田
()
山村
()
阿部
()
永野 リベロ 高橋
25 白澤
(山本(隆))
ジョンパウロ
(川村)
山村
()
米山
(金子)
20
宇佐美
()
清水
()
阿部
(柴小屋)
栗山
()
福澤
()
枩田
()
越川
()
鈴木
(塩田)
永野 リベロ 高橋
30 ジョンパウロ
(川村)
清水
()
栗山
(柴小屋)
鈴木
(米山)
32
白澤
(山本(隆))
枩田
(谷村)
金子
()
越川
()
宇佐美
()
福澤
()
山村
()
阿部
()
永野 リベロ 高橋 佐別當

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日のゲームの結果は、チームの全員が嬉しく思っている。
 日々の練習の成果が実を結んでいる。
 今週は練習でもプレーの質がとても高かった。
しかし、チームは今以上に成長しなければいけない。その事は全員が理解している。
 清水、ジョンパウロ、福澤選手の攻撃力は脅威的だった。
 そのようなチーム相手の勝利にはより一層の価値がある。

 本日も応援してくれた皆さんに、感謝します。

要約レポート

 首位を走るサントリーサンバーズと、ホームゲームでサントリーから何とか勝利を挙げたいパナソニックパンサーズとの一戦は、意地と意地がぶつかり合う激しい一戦となった。
 第1セット、序盤からサントリーは米山、越川が切れ味鋭いスパイクを決める。パナソニックは福澤の鋭角なスパイクが決まり、一進一退の攻防が続く。サントリーは後半、ブロックポイントを要所で決め波に乗るとセットを先取する。
 第2セットも、サントリーはスパイクが冴え連取する。
 第3セット後がないパナソニックは、清水、ジョンパウロが強烈なスパイクを相手コートに叩き込み、意地を見せセットを取り返す。
 第4セットで決めたいサントリーは、越川が縦横無尽にスパイクを決め、パナソニックを突き放す。パナソニックは24−23からデュースにまで必死に持ち込むが、サントリーが総力戦で制し勝利を収めた。
 サントリーは、対パナソニック戦を3連勝とした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 新道 哲郎