V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
356
[開催日]
2013/01/20
[会場]
別府市総合体育館(べっぷアリーナ)
[観客数]
1,662
[開始時間]
15:00
[終了時間]
16:16
[試合時間]
1:16
[主審]
山本 晋五
[副審]
グレッグ ルーオー

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 山本 太二
通算: 9勝5敗
3 25 第1セット
【22】
13 0
25 第2セット
【23】
14
25 第3セット
【25】
21
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 中谷 宏大
通算: 5勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

 サーブとブロックが機能したことにより、ゲームを優位に進めることが出来たのが勝因である。
 だだし、イージーボールを落とす場面が多く、それらは課題として残った。
 来週から後半戦スタートとなるが、決勝の舞台にむけて徐々に調子を上げていきたい。
 応援よろしくお願いします。

25 相澤
(鈴木)
米山
()
前田
()
西尾
(岡崎)
13
近藤
()
ボヨビッチ
()
グラディナロフ
()
山岡
()
角田
()
篠田
(今田)
橋場
(山本(洋))
木村
(巴)
田辺 リベロ 三上
25 相澤
(鈴木)
米山
()
西尾
()
山岡
(高橋)
14
近藤
()
ボヨビッチ
()
前田
()

()
角田
(大木)
篠田
()
グラディナロフ
()
橋場
(岡崎)
田辺 リベロ 福田 三上
25 相澤
(鈴木)
米山
()
グラディナロフ
()
山岡
(木村)
21
近藤
(梅野)
ボヨビッチ
()
前田
()

()
大木
()
篠田
(今田)
手塚
()
橋場
(岡崎)
田辺 リベロ 福田

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 第1セットから攻撃、守備共に機能せず、大変苦しいゲームとなった。
 長いリーグでこのような流れがくることもあると思うが、いかに来週に向けてしっかりと準備できるかがカギとなると思う。
 本日も応援ありがとうございました。
 来週は東京で行われる我々のホームゲームです。
 東京・墨田の地で最高のプレーができるよう、皆さん後押しをよろしくお願いいたします。

要約レポート

 昨日の勝ちを連勝につなげ,上位進出をねらう両チームの一戦。
第1セット序盤,FC東京のミスが続き東レアローズがリードする。中盤も6連続ポイントと流れをつかむ。FC東京もボヨビッチのスパイクで食い下がるも,東レが先取した。
 第2セット序盤,一進一退の攻防が続くが,東レが一歩抜け出す。東レ鈴木の好サーブや粘りのあるレシーブで流れをつかむ。対して,要所でミスが相次ぐFC東京。得点差を広げた東レが連取した。
 第3セット,ブロックポイントの取り合いからスタート。サーブミスが続き流れをつかみきれないFC東京に対し,1・2セットを連取した勢いで,粘り強いレシーブとつなぎ,途中出場した東レ梅野のサーブポイントなどで点差を広げる。FC東京も手塚の活躍で追い上げるも,最後もFC東京のサーブミスで,東レが勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 佐藤 純一