V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
349
[開催日]
2013/01/19
[会場]
大阪市中央体育館
[観客数]
1,350
[開始時間]
14:05
[終了時間]
15:25
[試合時間]
1:20
[主審]
阿部 広太郎
[副審]
富田 満

JTサンダーズ

監督: 丹山 禎昭
コーチ: 徳元 幸人
通算: 3勝10敗
0 23 第1セット
【26】
25 3
15 第2セット
【23】
25
17 第3セット
【25】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

堺ブレイザーズ

監督: 酒井 新悟
コーチ: 長江 祥司
通算: 9勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の敗因は、全体のプレーが単調になり、自分たちのリズムで進めていく事が出来なかった。
 3連敗と苦しい状況ではあるが、明日に向けてしっかり立て直していきたいと思う。

 今日も応援ありがとうございました。
明日も、応援よろしくお願いします。

23 町野
(神田)
八子
()
千々木
()
今村
()
25
井上
()
イゴール
()
松本
(内藤)
横田
()
國近
()
安永
(安井)
ペピチ
()
石島
()
酒井 リベロ 井上
15 町野
(安井)
八子
()
松本
()
千々木
(内藤)
25
井上
(神田)
イゴール
(深津)
ペピチ
()
今村
()
國近
()
安永
()
石島
()
横田
()
酒井 リベロ 井上
17 町野
()
八子
()
千々木
(内藤)
今村
()
25
深津
(井上)
イゴール
()
松本
()
横田
()
國近
(小澤)
安永
()
ペピチ
()
石島
()
酒井 リベロ 井上

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 この試合、常に先行した形で展開できた事がよかった。

 第1セット終盤の苦しい場面を取りきった事を含め、要所でサーブの効果とブロックで得点できた事が大きい。
 逆にレシーブからのアタック決定率をもう少し上げていかなければならない。

要約レポート

 3連勝のあと2連敗で7位となかなか波に乗れないJTサンダーズと、激しい首位争いを繰り広げる堺ブレイザーズの対戦。
 第1セット、JTはリベロ酒井を中心とする丁寧なサーブレシーブから、八子、イゴールにトスを集めて堺と互角のバレーを展開した。
しかし、堺は終盤に松本がクイックを2本決めセットポイントを奪うと、ペピチがライトからスパイクを決めて、先取した。
 八子に対するマークを強めた第2セットは、堺の横田、今村が次々とブロックを決め、第2、3セットを連取し、勝利した。
 JTは安井や小澤が途中出場で活躍し、今後の躍進に期待を残した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 山口 岳夫