V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
343
[開催日]
2013/01/12
[会場]
高松市総合体育館
[観客数]
1,056
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:28
[試合時間]
1:28
[主審]
高橋 弘二
[副審]
石井 洋壮

サントリーサンバーズ

監督: パオロ モンタニャーニ
コーチ: 荻野 正二
通算: 9勝2敗
3 25 第1セット
【21】
17 0
27 第2セット
【30】
25
27 第3セット
【31】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 山本 太二
通算: 6勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

すべての試合には、ストーリーがある。
天皇杯での敗戦後、東レに勝つために必要なことは自分たちのバレーをすることだと選手たちに言った。天皇杯では、それができなかった。今日の試合で、チームのアタックは特別ではなかったが、相手の攻撃力をうまく消すことができた。 
明日もハードな試合になるだろう。
応援よろしくお願いします。

25 金子
()
ウォレス
()
篠田
()
角田
(鈴木)
17
山村
()
鈴木
(米山)
ボヨビッチ
()
近藤
()
岡本
()
越川
()
米山
()
富松
()
高橋 リベロ 田辺
27 ウォレス
()
鈴木
(米山)
篠田
()
鈴木
(瀬戸口)
25
金子
()
越川
()
ボヨビッチ
()
近藤
()
山村
()
岡本
(阿部)
米山
()
富松
(大木)
高橋 リベロ 田辺
27 金子
()
ウォレス
()
篠田
()
鈴木
(大木)
25
山村
()
鈴木
()
ボヨビッチ
()
近藤
(相澤)
岡本
(阿部)
越川
()
米山
()
富松
(角田)
高橋 リベロ 田辺

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

チームにまとまりがなく、自滅してしまった。
明日は、切り替えてよい勝負をしたい。応援よろしくお願いします。

要約レポート

2013年最初の一戦となったが、終始サントリーサンバーズのペースで試合が進んだ。
第1セット序盤からサントリーが効果的なサーブで優位に試合を進めた。一方、東レアローズは米山がスパイクやレシーブで奮闘したが、終盤にもサントリーの金子のサーブやウォレスの強打が決まり、サントリーが先取した。
第2セットは、1点を争う大接戦となった。序盤は、東レの鈴木のスパイクやサーブがよく決まった。対するサントリーも越川、ウォレスのスパイクで対抗した。終盤にかけて、両チームとも粘り強いブロック、レシーブから得点を重ねていったが、東レに大事なところでミスが出てサントリーが逃げ切った。
第3セットは、接戦を制し流れに乗るサントリーがセッター岡本や山村のブロックで流れを掴んだ。しかし、中盤、東レは富松のブロックなどで得点を重ねていった。最後は、サントリーが、ウォレスの強烈なスパイクで、粘る東レを振り切り、9勝目をあげた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 伊賀 一誠