V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
342
[開催日]
2013/01/12
[会場]
広島県立総合体育館(グリーンアリーナ)
[観客数]
3,260
[開始時間]
16:50
[終了時間]
19:00
[試合時間]
2:10
[主審]
西中野 健
[副審]
Cedric CHUNG

JTサンダーズ

監督: 丹山 禎昭
コーチ: 徳元 幸人
通算: 3勝8敗
2 21 第1セット
【26】
25 3
17 第2セット
【25】
25
25 第3セット
【24】
21
25 第4セット
【27】
20
13 第5セット
【16】
15

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 中谷 宏大
通算: 4勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日は前半相手のサーブに崩され,なかなかペースがつかめなかった。
 途中交代の選手の活躍により,徐々にJTバレーをすることができたが,最後はスパイクを決めることができず負けてしまった。
 今日もたくさんの応援ありがとうございました。
 明日も応援よろしくお願いします。

21 町野
(安井)
八子
()
橋場
()
山岡
(巴)
25
深津
()
イゴール
()
木村
()
山本(雄)
()
國近
()
安永
()
グラディナロフ
()
西尾
()
酒井 リベロ 三上
17 町野
()
八子
()
橋場
(巴)
山岡
()
25
深津
(井上)
イゴール
(神田)
木村
()
山本(雄)
(杉崎)
國近
(小澤)
安永
()
グラディナロフ
()
西尾
()
酒井 リベロ 三上
25 町野
(神田)
八子
()
橋場
()
山岡
(巴)
21
井上
()
イゴール
()
木村
(杉崎)
山本(雄)
(岡崎)
小澤
()
安永
(安井)
グラディナロフ
()
西尾
()
酒井 リベロ 三上
25 町野
(安井)
八子
()
橋場
(岡崎)
山岡
()
20
井上
()
イゴール
()
木村
(杉崎)
山本(雄)
()
小澤
()
安永
(神田)
グラディナロフ
()
西尾
(土屋)
酒井 リベロ 三上
13 町野
()
八子
()
橋場
()
山岡
(巴)
15
井上
()
イゴール
()
木村
()
山本(雄)
(岡崎)
小澤
(國近)
安永
(安井)
グラディナロフ
()
西尾
()
酒井 リベロ 三上

監督コメント

 ゲームスタート,久しぶりの試合だったが,いい緊張感を持って臨めたと思う。
 スパイク決定率は良くなかったが,FC東京の形は随所に出せたと思う。
 途中,相手チームの戦術にはまり,セットを失ったが,最終セットにもう一度立て直すことができて良かった。
 明日のゲームも我々の強みを存分に発揮し,勝利をつかみたいと思う。
 本日も応援ありがとうございました。

要約レポート

 ともに3勝7敗で少しでも上位にくいこみたいJTサンダーズとFC東京の一戦。
 第1セット,両チームとも一進一退の攻防を繰り広げた。中盤,FC東京が,リベロ三上の好レシーブから木村,橋場を中心に5連続得点をあげてリードしたが,JTは,八子,イゴールのブロック,スパイクで追いついた。ここでFC東京は山本(雄),グラディナロフがブロックを決めてリードし,そのままこのセットを先取し,その勢いのまま第2セットも連取した。
 第3セット,JTは流れを変えようと小澤と井上を起用した。この作戦があたり,安定したレシーブから多彩な攻撃で得点を重ねた。FC東京もグラディナロフの強烈なスパイクで反撃したが追いつくことが出来ず,JTがこのセットを奪い返し,そのまま第4セットも奪い,勝負は第5セットにもつれ込んだ。
 最終セット,お互いに意地のぶつかり合いで,好レシーブを連発しエースにつなぐ熱戦となったが,大事な場面でJTのスパイクが決まらず,FC東京が熱戦を制した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 井村 綾花