V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
339
[開催日]
2012/12/09
[会場]
三島市民体育館
[観客数]
1,200
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:44
[試合時間]
1:44
[主審]
田野 昭彦
[副審]
加藤 孝仁

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 古田 博幸
コーチ: 興梠 龍司
通算: 1勝9敗
1 19 第1セット
【23】
25 3
20 第2セット
【24】
25
25 第3セット
【24】
19
20 第4セット
【24】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTサンダーズ

監督: 丹山 禎昭
コーチ: 徳元 幸人
通算: 3勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 1セット目のスタートが悪かった。サーブレシーブが返らずサイドアウトが取れなかった点と、レシーブしたボールが点数に繋がらなかったことが敗因でした。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

19 徳丸
()
石垣
()
安永
(安井)
國近
()
25
山田
(高橋(寛))
チェモス
()
イゴール
()
深津
()
高橋(和)
()
中島
(舩越)
八子
()
町野
(神田)
リベロ 酒井
20 石垣
()
チェモス
()
安永
(神田)
國近
()
25
徳丸
()
中島
(井口)
イゴール
()
深津
(井上)
高橋(寛)
()
高橋(和)
()
八子
()
町野
(安井)
リベロ 酒井
25 チェモス
()
徳丸
()
安永
()
國近
()
19
石垣
()
高橋(和)
()
イゴール
()
深津
()
中島
(小川)
高橋(寛)
()
八子
()
町野
()
リベロ 酒井
20 石垣
()
チェモス
()
安永
(安井)
國近
()
25
中島
(舩越)
徳丸
()
イゴール
()
深津
()
高橋(寛)
()
高橋(和)
(小川)
八子
()
町野
(神田)
リベロ 酒井

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日も選手達のモチベーションが非常に高く、相手に対し終始プレッシャーを掛け続けられたことが勝因である。
 年内最後のリーグ戦を勝利でき、来週の天皇杯へ向け更にレベルを高めていきたい。
 本日もご声援ありがとうございました。

要約レポート

 昨日フルセットを惜しくも落とした大分三好ヴァイセアドラーと、連勝して勢いを付けたいJTサンダーズの一戦。
 第1セット序盤、大分三好はサーブで崩され、連続得点を許してしまう。終盤、JTは安永のブロックが冴え大分三好の攻撃を抑えると、交代した神田のサービスエース等で4連続得点を重ね、第1セットを先取する。
第2セット、大分三好はチェモスにボールを集めるも決まらず、なかなか連続得点に結び付けることができない。一方JTは、國近の早い攻撃や八子の緩急織り交ぜた攻撃により、着実に得点を重ね、第2セットを連取した。
 後がなくなった大分三好は、続く第3セット序盤、石垣のスパイクとブロックで先行すると、高橋がナイスレシーブと早い攻撃を見せる。JTもイゴールにボールを集め反撃したがその勢いは止まらず、徳丸のブロックなどでJTを振り切った。
 第4セット、リズムに乗りたい大分三好だがJTのイゴールを止めることができない。小川を投入し反撃を試みるも流れは変わらず、JTが大分三好を抑えこの試合を制した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 辻 由紀子