V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
335
[開催日]
2012/12/08
[会場]
三島市民体育館
[観客数]
1,500
[開始時間]
14:00
[終了時間]
16:10
[試合時間]
2:10
[主審]
村上 成司
[副審]
加藤 孝仁

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 古田 博幸
コーチ: 興梠 龍司
通算: 1勝8敗
2 22 第1セット
【27】
25 3
25 第2セット
【27】
20
25 第3セット
【22】
16
21 第4セット
【25】
25
12 第5セット
【17】
15

【 】内はセット時間

堺ブレイザーズ

監督: 酒井 新悟
コーチ: 長江 祥司
通算: 7勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 4セット目にサーブが弱くなってしまった。受け身になったところが敗因だと思います。
 自分達の展開にもっていけるように、攻める姿勢をどんどん出していきたいと思います。
 本日も応援ありがとうございました。

22 徳丸
()
石垣
()
松本
()
千々木
()
25
山田
()
チェモス
()
ペピチ
()
今村
(大道)
高橋(和)
(小川)
中島
(舩越)
石島
()
横田
(内藤)
リベロ 井上
25 徳丸
()
石垣
(井口)
ペピチ
()
松本
()
20
山田
()
チェモス
()
石島
(伊藤)
千々木
()
高橋(和)
(小川)
中島
()
横田
()
今村
()
リベロ 井上
25 徳丸
()
石垣
(井口)
松本
()
千々木
()
16
山田
()
チェモス
()
ペピチ
(松岡)
今村
(木場田)
高橋(和)
()
中島
()
伊藤
(石島)
横田
()
リベロ 井上
21 徳丸
()
石垣
(井口)
千々木
()
今村
()
25
山田
(高橋(寛))
チェモス
()
松本
(内藤)
横田
()
高橋(和)
(小川)
中島
()
ペピチ
()
石島
()
リベロ 井上
12 山田
()
中島
(井口)
千々木
()
今村
()
15
高橋(和)
(小川)
石垣
()
松本
(内藤)
横田
()
徳丸
()
チェモス
()
ペピチ
()
石島
()
リベロ 井上

監督コメント

 今日は前半からサイドアウトでリズムが作れず非常に苦しい展開であった。特にサーブレシーブとクイックは修正しなければならない。
 しかしながら最後まで諦めずこのゲームを勝てた事は良かったと思う。明日はホームチームとの対戦となるが、もう一度確認をとって臨みたいと思う。

要約レポート

前週待望の初勝利を挙げ波に乗りたい大分三好ヴァイセアドラーと、上位を維持したい堺ブレイザーズの一戦。
第1セット序盤はチェモスの連続サーブポイント、バックアタックなどで大分三好が先行する。堺は中盤、松本のブロック、千々木のアタックなど4連続得点で逆転すると、さらにペピチの強烈なサーブで突き放し、第1セットを先取する。
第2セットも大分三好が先行し堺が追いかける展開となるが、ブロックが効果的に決まった大分三好が、終盤の堺のミスにも助けられこのセットを奪い返す。
リズムに乗る大分三好は、続く第3セットも高橋のサーブ、セッター山田のツーアタックなどで得点を重ねる。堺は木場田、松岡を投入し反撃を試みるも流れは変えられず、大分三好が連取する。
後がなくなった堺はペピチ、石島が奮起し第4セットを奪い返すと、続く第5セットもペピチにボールを集め、最後は松本のブロックが決まり粘る大分三好を振り切った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 笠原 瑞恵