V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
334
[開催日]
2012/12/08
[会場]
魚津テクノスポーツドーム(ありそドーム)
[観客数]
1,150
[開始時間]
15:00
[終了時間]
16:24
[試合時間]
1:24
[主審]
山本 和良
[副審]
三見 洋子

サントリーサンバーズ

監督: パオロ モンタニャーニ
コーチ: 荻野 正二
通算: 7勝2敗
3 25 第1セット
【25】
23 0
25 第2セット
【25】
16
25 第3セット
【28】
23
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 中谷 宏大
通算: 3勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合はアタック決定率があまり高くなく、特にブレークがうまく取れなかった。
 米山がアタックで良いプレーを見せてくれたが、このチームが優勝を狙うためには、アタック面のさらなる強化に努めなければいけない。
 明日の試合はとてもハードな内容になるだろう。天気が悪い中応援に来てくださった皆さんに感謝します。ありがとうございました。

25 山村
()
米山
()
西尾
()
前田
(衛藤)
23
岡本
(柴小屋)
ウォレス
()
手塚
(橋場)
グラディナロフ
()
越川
()
冨士田
(松崎)
山本(雄)
()
山岡
(木村)
高橋 リベロ 三上
25 冨士田
()
越川
()
西尾
()
前田
()
16
ウォレス
()
岡本
(柴小屋)
手塚
()
グラディナロフ
()
米山
()
山村
()
山本(雄)
()
山岡
()
佐別當 高橋 リベロ 三上
25 越川
()
岡本
(柴小屋)
山岡
(木村)
山本(雄)
()
23
冨士田
(二木)
山村
(松崎)
グラディナロフ
()
手塚
()
ウォレス
()
米山
()
前田
()
西尾
(土屋)
高橋 佐別當 リベロ 三上

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 サーブ、サーブレシーブ共に質が良くなく、リズムをつくる事が出来なかった。ラリー中の動きを修正して明日に望みたい。
 本日も応援ありがとうございました。

要約レポート

 6勝2敗で首位を走るサントリーサンバーズと、3勝5敗で6位のFC東京の対戦は、力の差が表れた試合となった。
 第1セット、サーブやスパイクのミスが出て、互いに流れをつかめない試合展開の中、山村の高さのあるセンター攻撃で25点目を奪い、このセットをものにしたサントリー。第2セット、FC東京はグラディナロフや前田の攻撃を見せるものの、サントリーは米山のサーブで相手を崩し、ウォレスの強烈なライト攻撃や越川のブロックなどで6連続得点するなど、力の差を見せつけた。FC東京グラディナロフのスパイクに対し、サントリー山村や冨士田がブロックポイントをあげるなど、FC東京を寄せ付けず2セット連取した。
 第3セット、FC東京はグラディナロフのスパイクなどで反撃するが、サーブレシーブが乱れるなどなかなかリードを奪えない。粘りを見せるFC東京に対し、ウォレスのスパイクに加え、米山のバックアタックやフェイント、越川のブロックアウトなどで着実に得点を重ねたサントリーが第3セットもものにし、この試合に勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 京角 輝彦