V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
325
[開催日]
2012/12/01
[会場]
小瀬スポーツ公園体育館
[観客数]
1,291
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:56
[試合時間]
1:56
[主審]
澤 達大
[副審]
大塚 達也

JTサンダーズ

監督: 丹山 禎昭
コーチ: 徳元 幸人
通算: 0勝7敗
1 28 第1セット
【30】
26 3
19 第2セット
【27】
25
17 第3セット
【22】
25
23 第4セット
【28】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 古田 博幸
コーチ: 興梠 龍司
通算: 1勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 1セット目を流れよく取りましたが、それ以後ラリーが取れず相手の勢いに負けたと思います。
 今日も応援ありがとうございました。
 明日も頑張ります。

28 町野
()
甲斐
(國近)
中島
(舩越)
高橋(和)
()
26

()
イゴール
()
チェモス
()
山田
()
八子
()
安永
(安井)
石垣
()
徳丸
()
酒井 リベロ
19 町野
(神田)
甲斐
(小澤)
中島
()
高橋(和)
(阿部)
25

()
イゴール
()
チェモス
()
山田
()
八子
()
安永
()
石垣
()
徳丸
()
酒井 リベロ
17 町野
()
八子
()
中島
(舩越)
高橋(和)
()
25

(神田)
イゴール
(深津)
チェモス
()
山田
(小川)
國近
()
安永
(筧本)
石垣
()
徳丸
()
酒井 リベロ
23 町野
(神田)
八子
()
中島
(舩越)
高橋(和)
(小川)
25
深津
()
イゴール
()
チェモス
()
山田
()
國近
()
筧本
(安井)
石垣
()
徳丸
()
酒井 リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 まずは1勝できたことを素直に嬉しく思います。
 自分たちの勝ちたいという気持ちが試合に出ていたことが勝因だと思います。
 その中でも、まだまだ課題はあるので、しっかりと修正して明日のサントリー戦に臨みたいと思います。

要約レポート

 7戦目にして、ともに初白星をあげたい大分三好ヴァイセアドラーとJTサンダーズとの戦いは、効果的なブロックとスパイクにより大分三好が勝利をおさめた。
 JTは、1セット目、序盤に甲斐および八子、終盤はイゴールのスパイクが効果的に決まり、28−26とものにしたものの、2セット目以降はイゴールのスパイクがブロックにつかまり、ピンチサーバーのサーブミスなどでリズムをつかむことができす、2セット、3セットを連取された。4セット目は中盤まで粘りをみせたものの、イゴールのバックアタックが大分の高橋(和)のブロックにつかまったことが決定的となり、このセットも奪うことができず、7連敗を喫することになってしまった。
 大分は、2セット目以降、効果的なブロックおよびチェモス、高橋(和)、石垣の安定した攻撃により、有利に試合を展開していった。とくに2セット目におけるセッター山田の2度にわたる効果的なスパイクが、試合の流れを大分に引き寄せたといえよう。大分は粘り強く気持ちのこもったプレーで念願の初白星をあげた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 古明地 隆