V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
314
[開催日]
2012/11/11
[会場]
岡崎中央総合公園総合体育館
[観客数]
1,285
[開始時間]
15:35
[終了時間]
17:17
[試合時間]
1:42
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
戸川 太輔

パナソニックパンサーズ

監督: 南部 正司
コーチ: 真保 綱一郎
通算: 3勝1敗
3 19 第1セット
【25】
25 1
25 第2セット
【22】
18
25 第3セット
【22】
20
25 第4セット
【24】
19
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTサンダーズ

監督: 久保 義人
コーチ: 徳元 幸人
通算: 0勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

安定感という面では、課題は残るが団結力はすばらしいものが出たゲームだった。今週に出た課題を来週に向けてしっかりと強化していく。

たくさんのご声援、誠に有難うございました。

19 白澤
()
福澤
()
安永
()
八子
()
25
宇佐美
(山本(隆))
清水
()
イゴール
()

()
川村
(谷村)
枩田
()
甲斐
()
町野
()
永野 リベロ 酒井
25 白澤
()
福澤
()
安永
()
八子
()
18
宇佐美
()
清水
()
イゴール
()

()
川村
(谷村)
枩田
(山本(隆))
甲斐
()
町野
()
永野 リベロ 酒井
25 白澤
(山本(隆))
福澤
()
安永
()
八子
()
20
宇佐美
()
清水
()
イゴール
()

()
谷村
()
枩田
(山添)
甲斐
()
町野
()
永野 リベロ 酒井
25 白澤
()
福澤
()
安永
(安井)
八子
()
19
宇佐美
(枩田)
清水
()
イゴール
()

(井上)
谷村
()
山添
(山本(隆))
甲斐
()
町野
()
永野 リベロ 酒井

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

今日の試合は、前半はうまくラリーを取る事が出来ましたが、後半に相手の強いサーブで崩され、リズムを作る事が出来ず、敗戦となってしまいました。

応援ありがとうございました。来週もがんばって初勝利を目指したいと思います。

要約レポート

1勝がなかなか遠いJTサンダーズ。出だし、「今日こそ勝利を挙げたい」という気持ちを前面に出すプレーで、パナソニックパンサーズに本来の攻撃のリズムを作らせなかった。サーブレシーブが安定しない中、コートを走り回り菅がトスを供給する姿は印象的だった。また、安永・町野の両ミドルブロッカーのアタック・ブロックが効果的に得点を重ねた点も、セット奪取の大きな原動力になった。

パナソニックは、出だしにペースを掴めず第1セットを取り逃がすものの、続く第2セット、徐々に復調した福澤のバックアタックが決まりだす。また、第2・3セットの宇佐美のトスワークは素晴らしく、JTのブロックに的を絞らせない展開を作り出した。両セットの終盤には、清水がノーマークでアタックを決めるシーンが何度もあり、会場を沸かせた。

両チームの選手が全身で感情を出し、称えあうプレーの数々、アタッカーとブロッカーの1対1の勝負の場面など、両雄の活躍に岡崎会場の観客も大きな声援を送った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 長野 瞳