V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
311
[開催日]
2012/11/10
[会場]
堺市金岡公園体育館
[観客数]
1,300
[開始時間]
14:05
[終了時間]
16:07
[試合時間]
2:02
[主審]
塚本 健
[副審]
高橋 弘二

堺ブレイザーズ

監督: 酒井 新悟
コーチ: 長江 祥司
通算: 2勝1敗
3 25 第1セット
【28】
22 1
25 第2セット
【28】
21
25 第3セット
【29】
27
25 第4セット
【28】
20
第5セット
【】

【 】内はセット時間

サントリーサンバーズ

監督: パオロ モンタニャーニ
コーチ: 荻野 正二
通算: 1勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日は相手の強いサーブに対して、サーブレシーブが良かった。その事で効果的にクイックが決まり、攻撃にリズムが出来たと思う。
 また、ディフェンスも粘り強さがあったが、つなぎの部分では修正点も多い。
 ホームゲームという事で、多くのサポータに力を頂いた。
明日のゲームも応援して下さるサポーターの皆さんの前で、勝利できるよう準備したい。

25 石島
()
ペピチ
()
越川
()
阿部
(栗山)
22
横田
()
松本
(内藤)
鈴木
()
山村
()
今村
()
千々木
()
ウォレス
()
金子
(柴小屋)
井上 リベロ 高橋
25 横田
()
石島
()
越川
()
阿部
(冨士田)
21
今村
()
ペピチ
()
鈴木
(栗山)
山村
()
千々木
()
松本
(内藤)
ウォレス
()
柴小屋
()
井上 リベロ 高橋
25 石島
()
ペピチ
()
越川
()
阿部
(冨士田)
27
横田
()
松本
(内藤)
鈴木
(柴小屋)
山村
()
今村
()
千々木
()
ウォレス
()
米山
()
井上 リベロ 高橋
25 横田
()
石島
()
阿部
(冨士田)
山村
()
20
今村
()
ペピチ
()
越川
()
米山
()
千々木
()
松本
(内藤)
鈴木
()
ウォレス
()
井上 リベロ 佐別當 高橋

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 ブレイザーズにはおめでとうと言いたい。
 金子のケガは残念だ。

 応援ありがとうございました。
明日も頑張ります。応援よろしくお願いします。

要約レポート

 1勝1敗同士の堺ブレイザーズとサントリーサンバーズの試合は、チームの総力をみせた堺がホームゲームをものにした。
 第1セット、セカンドテクニカルタイムアウトの後、サントリー金子が右足を負傷するというアクシデントがあった。
その後、両者譲らず後半までゲームは進んだが、堺は内藤がサーブで崩し、石島、横田がブロックを決め、流れをつかみ先取した。
 第2セット、勢いにのった堺に対し、サントリーは越川、ウォレスのアタックや鈴木のブロックで粘るが、堺は今村の多彩なトスワークに応えた石島、千々木、横田が活躍し連取した。
 第3セット後のないサントリーは、ウォレスの強烈なアタックが炸裂、堺のブロックを弾き飛ばし、ジュースにもつれ込む。最後はエース越川が意地を見せセットを奪い返した。
 第4セット、サントリーが米山の闘志あるアタックで流れをつかみかけるも、安定した活躍で、ペピチ、ムードメーカーの石島が盛り上げ、堺が大阪ダービーを制した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 渡邉 恵美