V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
309
[開催日]
2012/11/10
[会場]
岡崎中央総合公園総合体育館
[観客数]
1,481
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:56
[試合時間]
1:56
[主審]
江下 毅
[副審]
千代延 靖夫

豊田合成トレフェルサ

監督: 安原 貴之
コーチ: 矢野 裕範
通算: 3勝0敗
3 25 第1セット
【23】
18 1
25 第2セット
【29】
23
22 第3セット
【29】
25
25 第4セット
【26】
21
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTサンダーズ

監督: 久保 義人
コーチ: 徳元 幸人
通算: 0勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合は、2セット目を逆転して取れたことが、チームとして大きな収穫となりました。逆に3セット目は相手の強いサーブに攻め込まれ、立て直せなかったことは、明日以降の課題として残りました。

 明日の相手は常勝チームですので、チャレンジャー精神を持って全力でぶつかっていきたいと思います。

 本日も大きな声援、ありがとうございました。

25
()
盛重
()
安永
()
八子
()
18
内山
()
レオナルド
()
イゴール
()

(深津)
高松
()
加藤
(井上)
甲斐
()
ベゼラ
()
古賀(幸) リベロ 酒井
25
()
盛重
(井上)
安永
(安井)
八子
()
23
内山
(重村)
レオナルド
()
イゴール
()
深津
()
高松
(岡本)
加藤
(深津)
甲斐
()
町野
(國近)
古賀(幸) リベロ 酒井
22
()
井上
(盛重)
安永
(神田)
八子
()
25
内山
(重村)
レオナルド
()
イゴール
()
深津
()
岡本
(高松)
加藤
()
安井
()
町野
()
古賀(幸) リベロ 酒井
25
()
盛重
()
安永
(國近)
八子
()
21
内山
()
レオナルド
()
イゴール
()
深津
()
高松
()
加藤
()
安井
(小澤)
町野
()
古賀(幸) リベロ 酒井

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 全体的にパフォーマンスは悪くなかったが、つなぎの精度やブロックの精度に相手との差を感じた。ゲームの終盤に、これらのプレーを安定していくことが大事。

 気持ちを切り替えて明日の準備をしていく。

 本日もご声援ありがとうございました。

要約レポート

 開幕2連勝し首位で地元での初戦を迎えた豊田合成トレフェルサは、前週の良いリズムをそのままに、序盤より試合をリードする形で入ることができた。チームのムードも非常に良く、特に近・加藤の両ミドルブロッカーの要所でのブロック、盛重のサービスエースでの得点は、チームを勢いづけた。また、セッター内山は、冷静かつ安定したトスワークで、アタッカー陣の決定率を一定に保ち、サーブレシーブが大きく乱れても、ボールを果敢に追いかけて得点に結びつけるファインプレーには、観客も大きな拍手を送った。

 一方、JTサンダーズは、豊田合成ブロッカー陣の好調な流れを変えるべく、セッターに地元出身選手である深津を起用し、リズムを取り戻しにかかる。後のなくなった第3セット、豊田合成が連続得点が取れずにもたつく間、八子の緩急を付けたアタックや途中出場の町野のブロックでペースを作り第3セットを奪取する。しかし、接戦の展開で迎えた第4セット終盤、豊田合成の猛攻に一歩及ばなかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 長野 瞳