チャレンジマッチ男子2011/12 チャレンジマッチ

試合会場レポート

[試合番号]
452
[開催日]
2012/03/31
[会場]
大和スポーツセンター
[観客数]
1,200
[開始時間]
16:45
[終了時間]
18:39
[試合時間]
1:54
[主審]
大塚 達也
[副審]
澤 達大

JTサンダーズ

監督: 久保 義人
コーチ: 平野 信孝
通算: 1勝0敗
3 25 第1セット
【26】
23 1
19 第2セット
【25】
25
25 第3セット
【26】
19
25 第4セット
【28】
22
第5セット
【】

【 】内はセット時間

ジェイテクトSTINGS

監督: 長井 浩二
コーチ: 泉川 正幸
通算: 0勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 プレッシャーのかかる試合でしたが勝てて良かったです。気を緩めることなく明日の試合に向けて準備したいと思います。
 多大なるご声援ありがとうございます。

25 石橋
(徳元)
小川
()
金丸
(辰巳)
松原
()
23

()
ゴメス
()
マティアス
()
高橋
()
塚崎
()
町野
(神田)
安井
()
小松
(小野)
酒井 リベロ 興梠
19 石橋
()
小川
(徳元)
松原
()
高橋
()
25

()
ゴメス
()
金丸
(辰巳)
小松
()
塚崎
(甲斐)
町野
()
マティアス
(若山)
安井
()
酒井 リベロ 興梠
25 田村
()
甲斐
()
金丸
(辰巳)
松原
()
19

()
ゴメス
()
若山
()
高橋
()
徳元
()
町野
(石橋)
安井
()
小松
()
酒井 リベロ 興梠
25 石橋
(神田)
甲斐
()
松原
()
高橋
()
22

(小川)
ゴメス
()
金丸
(辰巳)
小松
(小野)
徳元
()
田村
()
若山
()
安井
()
酒井 リベロ 興梠

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 大事な場面でのサーブミスもあったが攻めた結果のため、前向きにとらえたい。チャレンジリーグとの差は相手がミスをしないこと。明日もう一度チャンスがあるので頑張りたい。
 沢山の応援ありがとうございました。

要約レポート

 1セット目、どちらもゆずらぬ一進一退の攻防が続く。JTサンダーズはゴメスの力強いスパイクで攻める。一方ジェイテクトSTINGSは、マティアス、金丸が中心となり、つなぎのバレーで相手を翻弄する。しかし中盤の粘り強い攻撃から流れを掴んだJTがセットを奪った。
 2セット目、お互いに取りつ取られつの展開が続く。シーソーゲームを抜け出したのはジェイテクト。興梠、安井がレシーブでつなぎ、ファインプレーが多く目立った。
 3セット目、序盤から甲斐、徳元のスパイクでJTがリズムに乗る。その後もゴメスのブロック、スパイクトが炸裂した。ジェイテクトは、金丸、安井の力強いスパイクで巻き返しを図るが、高い打点から繰り広げられるゴメス、また軟硬を組み合わせた甲斐のスパイクで、流れを掴んだJTがとった。
 4セット目、ジェイテクトはスパイカーを徹底的にブロックマークをし、攻撃までつなげた。対するJTは高さのあるバレーで勝負する展開となった。長いラリーが続くセットは、JTの粘り強いレシーブとゴメスの鋭いスパイクによって終止符が打たれた。
 どのセットも競い合いが続く苦しい展開ではあったが、高さと力のあるスパイク、粘り強いレシーブで流れを掴んだJTが勝負を決めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 三橋 友美