V・チャレンジリーグ女子 2011/12 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
921
[開催日]
2012/03/10
[会場]
ひたちなか市総合運動公園総合体育館
[観客数]
733
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:11
[試合時間]
1:11
[主審]
野村 考一
[副審]
高橋 直也

柏エンゼルクロス

監督: 片田 瑞己
コーチ: 田中 芽衣
通算: 6勝15敗
0 10 第1セット
【18】
25 3
23 第2セット
【25】
25
20 第3セット
【22】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

上尾メディックス

監督: 吉田 敏明
コーチ: 藤本 幹朗
通算: 19勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 自分達のやるべき事をやれば通用する部分もあったが、守りに入ってしまい連続失点をし、自分達でリズムを崩してしまった部分が敗因です。
 今シーズンも残り1試合となりましたが、最後まで全力で頑張ります。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

10 鈴木
()
佐藤(由)
()
フィオーリン
(皆本)

()
25
伊藤
()
渡邊
()
山本
(俵)
安藤
()
丸山
(田村)
江森
()
細川
()
服部
()
菅長 リベロ
23 鈴木
()
佐藤(由)
(石橋)

()
安藤
(滝沢)
25
伊藤
(川村)
渡邊
()
フィオーリン
()
服部
(皆本)
田村
()
江森
()
山本
(俵)
細川
()
菅長 リベロ
20 鈴木
()
佐藤(由)
(石橋)
フィオーリン
(吉村)

(大内)
25
伊藤
(川村)
渡邊
(岡村)
山本
()
安藤
()
田村
()
江森
()
細川
()
服部
(皆本)
菅長 リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 2セット目中盤の連続失点によりリードされたが、結果的にストレートで勝利にひとまずホッとしている。
 サーブレシーブを崩され、攻撃が単調になると相手が関係なく、やはりゲーム展開は厳しい。
 明日もしっかり内容のあるバレーをし、次のチャレンジマッチへ向けて良いスタートを切りたいと思います。
 本日もたくさんのご声援をありがとうございました。

要約レポート

 Vチャレンジリーグの最終週1日目、第1試合は上尾メディックスと柏エンゼルクロスの対戦。
 第1セット、立ち上がりは両チーム共に動きが固く、緩いボールに対し足が動かなかったが、ゲームが進むにつれ上尾のレシーブがセッターに返り始め、フィオーリン、服部を中心とした攻撃が決まり始める。その後も上尾がゲームを支配する。柏もライト佐藤・レフト鈴木を中心に攻撃を展開するが、上尾の高いブロックを軸としたディフェンスに得点することができない。ミスも重なり第1セットはあっさりと上尾が取る。
 第2セット、柏はキャプテン江森を中心とした攻撃や、レシーブの動きの良さから、終盤まで接戦の展開になる。23ー23の同点の場面から柏のスパイクが合わずにアウトになり、最後は細川のスパイクで上尾がセットを連取する。
 第3セット序盤、上尾のセッター南のトス回しもテンポが出はじめ、安藤を中心に多彩な攻撃を繰り広げる。対して柏はついて行くことができない。上尾は中盤からメンバーチェンジした大内・皆本の動きも良く、吉村も若さ溢れるプレーで躍動する。柏のサーブミスも重なりストレートで上尾が勝利した。
 上尾は明日の最終試合に、優勝の望みをかけて挑む。さらには入れ替え戦を見据え、悲願のVリーグ昇格へ照準を絞った戦いぶりであった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 今泉 隆行